イメージバリアブル

イメージバリアブルのイメージ

オンリーワンの戦略で、特別なイメージを演出

ターゲットの年齢や性別、趣味趣向など、その人に合った情報を選別してアプローチすることが可能で、大量複製の印刷物にはない高いレスポンスを期待できます。

イメージバリアブルとは?

イメージバリアブルとは?のイメージ

専用のソフトウェアを使用することにより、画像内に個別の文字などを融合する手法とバリアブル印刷を組み合わせたサービスです。

ひとつひとつ内容を差し替えたデザイン性の高いダイレクトメール、クーポン、ニュースレター、カタログ、提案書などの印刷物を簡単かつ効果的に制作できます。広告ツールとしての汎用性も高く、One to One(ワン・トゥ・ワン)マーケティングに活用できます。

イメージバリアブルを利用した効果と活用例

心に響く「販売促進効果」の期待

個人名や会社名などを自然に美しく画像に溶け込ませることによって、受け取る人に強いインパクトを与えます。

顧客ロイヤリティの向上

商品画像と顧客の名前を組み合わせるなど、単なる宣伝効果や販売促進にとどまらず、ポストカードやカレンダーなどの印刷物を受け取った方が手元に置いてくれる可能性が一気に高まります。

継続的なコミュニケーション

【例1】ダイレクトメール・ポストカード

ダイレクトメール・ポストカードのイメージ

まるで実際に撮影した写真のように、お客様の名前などを溶け込ませた画像を使って作成し、発送します。

POINT! 視覚効果として自分の名前は自然に目に入り、受け取る人のことを思う気持ちが伝わります。

  • 「わざわざ撮影したの…」という強い印象と驚き
  • 自分の名前が入っていると、捨てにくい

【例2】卓上カレンダー

卓上カレンダーのイメージ

一般的な宛名印刷に加えて、視覚効果がある画像を使用することで「クライアントのイベントの集客を増やしたい…」こんなケースでも、強力なツールになります。

POINT! 画像だけでなく、イラストなどにも対応できますので、様々なツールに広く応用できます。